FC2ブログ
先日、哀川翔主演100本目という触れ込みで封切られた映画「ゼブラーマン」を見ました。以前からちょっと見てみたいなと思っていた作品です。

内容はコスプレ好きの冴えない教師がひょんなことから本物のエイリアンと戦う羽目になるというアクションものです。コスチュームのモチーフになっている動物がシマウマってところが仮面ライダーや戦隊ヒーローにない脱力感を覚えます。バリバリの正義のヒーローではなく、憧れと不可能の合間で葛藤する姿が新鮮でした。ちょっと笑えるところもありましたよ。

映画って期待値が大きいほどおもしろくないことがありますが、ちょっとだけ期待して見たものはけっこうおもしろいんですよね。ゼブラーマンは後者のほうでした。たまにしか見ない映画を見た甲斐がありりました。
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック