2007年03月05日 (月) | 編集 |
佐賀女子短大(佐賀市)の長谷川亨教授(61)=公衆衛生学=が4日、アルツハイマー病が高齢者に多く発症するメカニズムの一つを解明したと明らかにしたそうです。老化によって神経細胞の働きが抑制されると、同病を引き起こす物質「ホモシステイン酸」が脳の神経細胞死を招く働きをすることを実験で示しました。発症の仕組みが明確になっていない同病の治療に役立てたい考えで、研究成果は、6月に米国で開かれる認知症予防の国際会議で発表するそうです。

近年の医学の進歩は目覚ましいので、アルツハイマー病をはじめ、多くの難病の発症原因が解明されて、完治する日が早く訪れるといいですね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
アルツハイマー病アルツハイマー型痴呆(あるつはいまーがたちほう、Alzheimer's disease; AD)は、認知機能低下、人格の変化を主な症状とする痴呆性疾患の一種である。日本では、痴呆性疾患のうちでも脳血管性痴呆とともに、最も多いタイプである。アルツハイマー型痴呆に
2007/03/10(Sat) 16:37:13 |  脳の知識
アルツハイマー病アルツハイマー型痴呆(あるつはいまーがたちほう、Alzheimer's disease; AD)は、認知機能低下、人格の変化を主な症状とする痴呆性疾患の一種である。日本では、痴呆性疾患のうちでも脳血管性痴呆、レビー小体病と並んで最も多いタイプ
2007/10/04(Thu) 03:35:24 |  みくのブログ