FC2ブログ
今年の10月から消費税が10%になる。主に食料品や一部の日用品は軽減税率の対象となり8%のままとなり、イートインを含む外食やその他の商品やサービスは10%となる。出前はなぜか8%のままだ。キャッシュレス決済で支払えば対象店舗であれば個人商店では最大5%、チェーン店では2%還元される。

消費税が10%になることで多くの弊害が起こると言われている。個人飲食店は食材が値上げされたり、税率の低い出前が増えることで負担が増大するが、客離れの恐れがあり簡単に販売価格を値上げできない。他の個人商店も仕入れ値が上がるので、同様だ。結局負担を吸収できない弱いところは廃業せざるを得なくなる。そうなると高齢者の買い物難民がさらに増えてしまう。近場の店が無くなっていくが、高齢者の誰もがキャッシュレス決済を使いこなせる訳ではないので、交通費も上がり簡単には街に出られなくなる。

今回消費税をが上げる理由と2%の使途が今ひとつ分からない。キャッシュレス決済を普及させ来年の東京オリンピックでの日本の体裁を良くするためとしか思えない。政府には国民の誰もが納得できるように消費税を上げる理由と2%の使途をきちんと説明してもらいたいし、キャッシュレス決済を普及させるのなら全年代の人が簡単にかつ安全に利用できる仕組みを作ってもらいたい。

スポンサーサイト