介護福祉情報ネット「ほっとらいん松江」スタッフの日々
6月22日、富士山の世界文化遺産への登録が決定し、26日に正式登録されました。おめでとうございます!

しかし、喜んでばかりはいられません。世界文化遺産への登録で富士山を訪れる観光客・登山客が激増することによる環境破壊が危惧されています。たくさんのゴミが捨てられたり、登山者によるし尿のたれ流しは以前から問題となっています。その証拠に、過去に富士山の世界「自然」遺産への登録は認められませんでした。最近は街の名所に行く感覚で軽い気持ちで軽装で富士山に来る登山客が増え、事故や遭難の危険性も指摘されています。

世界中の世界遺産に登録された多くの観光地で、環境破壊や社会問題が起きています。本来、世界遺産は、その遺産を保護するために制定されているものです。富士登山は自己責任をもってルールを守って行い、これからも世界に誇れる山として、皆で永遠に富士山を守っていきましょう。

スポンサーサイト