介護福祉情報ネット「ほっとらいん松江」スタッフの日々
桜宮高校バスケ部顧問の体罰による自殺事件を皮切りに、全国の高校のスポーツ部での体罰問題が次々と明るみとなり日本中が騒然となる中、全日本女子柔道の選手達が監督の暴力やパワハラをJOCに告発していた事実が発覚した。

体罰や暴力がいけないことだというのは誰もが思っていることだが、日本の教育現場やスポーツ界では長い間、指導と称しての体罰が容認されてきた。体罰によりスポーツの成績が実際に良くなることはある。しかし、ある程度のレベルまでいくとそれ以上に伸びることはないように思う。日本人が国際大会でいい成績を残せないのは何も身体能力が劣るからというだけではなく、体罰がベースにある指導方法にも問題があるのだと思う。これからは体罰を用いない指導方法に改めるべきである。

今体罰が発覚するとその学校や団体は、真相が究明され問題が解決するまで練習することできなくなる。きっと日本中に体罰があると思うが、それが小出しに発覚されていくたびに練習を中止し、表向きだけの解決をしているだけでは、これからも永遠に同じ問題が繰り返されていくだろう。今日本中のうみを全て出して根本から解決していかないと日本のスポーツに未来は無い。

スポンサーサイト