カレンダー+最終更新日

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

しじみちゃんのブログ

介護福祉情報ネット「ほっとらいん松江」スタッフの日々

ケータイ内蔵のハイテク杖

2009/03/25 [Wed]17:52
category: グッズ
慶應義塾大学SFC(湘南藤沢キャンパス)政策・メディア研究科教授で、au携帯のデザインプロデュースなども手がけるコンセプターの坂井直樹氏らは、同校が主催するイベント「XD eXhibition 09」(2009年3月15~16日開催)で通信機能を備えた杖「smart cane」を公開しました。

smart caneは「盲導犬に代わる、情報の“相棒”となる杖と都市空間や通信インフラとのコミュニケーション」をテーマに、プロダクトデザインやセンサー技術、プログラミング、インタラクティブメディアといった多用な要素を融合した「通信機能付きの杖」です。デザインコンセプトを坂井氏、プロダクトデザインをAERO CONCEPTの菅野敬一氏、ソフトウェアデザインをmash studioの増田純氏が担当しました。

イベントでは杖の先に点灯したLEDの光を監視カメラが関知し、連動して雷の音とともに円状の光の輪を地面に描くアート的な初期実験を展開しました。今後、杖に内蔵するマイクやカメラ、通信・通話機能、各種センサーを用い「拾った音をもとに、杖のグリップを振動させて危険を知らせる」「黄色いタイルや横断歩道の白線を認知し、振動で通知する」「極小コンピュータの装備とともに、床の材質などの情報を認知する」「グリップの握りかたにより、ユーザーの疲労や異常を検知する」といった、“ユビキタスコンピューティングの実現を杖で行う”ための実用機能の開発を推進するとしています。

杖に通信機能やコンピュータを搭載するとは斬新ですね。ハイテク杖には無限の可能性がありそうですね。
スポンサーサイト

50cmミニ肉食恐竜化石

2009/03/17 [Tue]19:11
category: サイエンス
カナダ西部のアルバータ州で見つかった化石が、体重約2キロの小型肉食恐竜のものであることがわかりました。

北米で発見された肉食恐竜としては最小で、鋭い爪を持ち、昆虫や小型の哺乳類を食べていたらしいです。カナダ・カルガリー大の研究者らが、16日付の米科学アカデミー紀要に発表しました。

今回確認された化石は1982年に発見されました。恐竜の幼体と考えられていましたが、骨盤の状態から、約7500万年前に生息していた全長50センチの小型肉食恐竜の成体であることが明らかになりました。

小型肉食恐竜は近年、中国での発見が相次いでいますが、北米ではこれまで、オオカミ程度の大きさのものが最小でした。

恐竜の定義が私にはよくわかりませんが、今まで大型恐竜の幼体と考えられていたもののいくつかも別の小型恐竜かもしれませんね。

手のひらサイズの燃料電池

2009/03/08 [Sun]14:57
category: グッズ
東芝は7日、外出先で携帯電話や携帯音楽プレーヤーの充電が容易にできる手のひらサイズの小型燃料電池を、国内で初めて商品化することを明らかにしました。4月にも売り出すそうです。

コンセントがない外出先で携帯電話を充電する場合、現在は乾電池式の充電器につなげるのが一般的ですが、時間がかかる上、フル充電できないケースも多いです。東芝の燃料電池を使った充電器であれば、家庭のコンセントにつなぐのとほぼ同じ時間で充電でき、燃料として使うメタノールが満タンであれば、4、5回のフル充電が可能です。

発売当初の価格は2~3万円となる見通しですが、将来的には1万円以下に引き下げる方向です。別売りのメタノールを注入すれば、繰り返し利用できます。東芝は2009年度中に、さらに小型化した燃料電池をノートパソコンや携帯電話に内蔵し、商品化する計画です。

燃料電池は、水素と空気中の酸素を化学反応させて発電する仕組み。元のエネルギーの90%以上を電気や熱として活用でき、温室効果ガスの削減効果が大きいと期待されていまする。家庭用や自動車用の大型電池はすでに商品化されていますが、小型のものは初めてだそうです。

燃料電池はこれからの主流になるのでしょうね。こういう温室効果ガスの削減につながるものがもっと増えていくといいですね。

実写版 ドラゴンボール

2009/03/05 [Thu]19:54
category: 映画
一世を風靡した人気コミック「ドラゴンボール」。アニメでも人気を博し、海外でも大人気。その人気ぶりからついにハリウッドで実写映画になってしまいました。

賛否の分かれる作品になりそうですが、表現のひとつとして捉えれば意義深いものに・・・なるかもしれません。