カレンダー+最終更新日

08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

しじみちゃんのブログ

介護福祉情報ネット「ほっとらいん松江」スタッフの日々

スポンサーサイト

--/--/-- [--]--:--
category: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- comment --   編集

ジェットの翼でドーバー海峡横断

2008/09/28 [Sun]16:02
category: ニュース
背中にジェットエンジン付きの翼を装着した男性が26日、フランス北部カレーからドーバー海峡を飛行し、35キロ離れた対岸の英国南東部ドーバーに約10分で到達しました。ジェットエンジン搭載の翼を付けた人間が同海峡の横断に成功したのは初めてです。

この男性は、元スイス空軍パイロットのイブ・ロッシーさん(49)で、地元メディアでは「ロケットマン」と呼ばれています。

4発の小型エンジンを搭載したカーボン製の翼は全長約2.5メートル。ロッシーさんはカレーの上空約2500メートルで小型機からダイブすると、時速約200キロで飛行、ドーバー上空でエンジンを停止し、パラシュートを開いて着地しました。

時速200キロの風圧はすさまじいのでしょうが、鳥のように自分の意志で自由に空を飛べる気持ちよさは最高でしょうね。
スポンサーサイト

「カプセルプランツ」で気軽に緑を

2008/09/26 [Fri]19:52
category: グッズ
身近に植物が欲しいと思っていても、手入れが面倒、土など衛生面が心配、置くスペースがないなどの理由で、緑ナシの生活を送っている人が多いのではないでしょうか。

その悩みを解決してくれるのが「カプセルプランツ」です。月に1度の水やりで成長する観葉植物で、土や肥料を必要としない優れものです。もともとは砂漠緑化や宇宙栽培を目的に開発された商品。土の代わりにセラミックを使用し、必要な分だけ水を吸い上げるため、根腐れしにくい。さらに日光が当たらない環境でも育つので設置場所を選びません。パキラ、サンデリアーナ、シェフレラの3種類がラインナップ。球体のボディに吸盤が付いていて壁にも設置できます。
保存温度は5~35度。容器サイズは95×70ミリ(植物含まず)。パッケージサイズ:280×75×75ミリ。

日々の成長を観察する楽しみですね。室内緑化に1ついかがでしょうか?

有名大で無料ノート配布し求人

2008/09/22 [Mon]16:03
category: ニュース
求む! 優秀な学生諸君-。大学生向け広告業のクロックオン(東京都港区)とPRコンサルティングのブラシナ(愛媛県四国中央市)は、大学ノートの一部に企業の求人広告をあらかじめ印刷し、その掲載料でノートを無料配布する独自サービス「タダノート」に、優秀な新卒求人情報に特化した新サービス「プラチナチケット」を10月から追加します。

まずは広告媒体となる無料の大学ノートの配布先を東大、早大、慶大に限定。3校の学生をとくに採用したい企業側のニーズに応えることで、掲載料収入の拡大を狙います。

ノートはB5判32ページで、これから本格的な就職活動に入る3年生が対象。広告スペースは後ろから2ページ目(裏表紙の裏側)の全スペースを使い、1冊につき1社、最大5社までの採用広告を掲載します。

有名大でのコピー用紙の裏に広告をのせた無料コピーサービスが話題になりましたが、「タダノート」はそれに続く画期的なものですね。有名大の学生にもその学生にもメリットがあるのが良いと思います。

トミカで地雷除去に10円寄付

2008/09/20 [Sat]18:56
category: ニュース
「タカラトミー」(東京都葛飾区)は20日、地雷除去機のミニカー「トミカ」を378円(税込み)で発売します。同社と、本物を製造する「コマツ」(港区)が、1台売れるごとに計約10円を地雷除去のNGO「日本地雷処理を支援する会」(新宿区)に寄付するそうです。約120種あるトミカのうち平和活動に関する車種は初めてで、マニアの間で話題になっています。タカラトミーは「ミニカーを手にして対人地雷の問題を身近に感じてもらいたい」と話しています。

ミニカーは、実際にアフガニスタンやカンボジアなどで稼働している「コマツ対人地雷除去機D85MS」。コマツが社会貢献活動の一環として発案し、タカラトミーが賛同しました。寄付金は、発売から来年3月末までの販売個数に対し、タカラトミーの売り上げとコマツのライセンス料収入から支払われます。

男性なら誰でも子供時代に遊んだことがある「トミカ」ですが、その「トミカ」を買うことで社会貢献と平和について考えることができるのは素晴らしいことですね。

塗料で道路熱カット ヒートアイランド対策へ

2008/09/16 [Tue]19:42
category: ニュース
ヒートアイランド対策として道路に遮熱性の高い塗料を塗り、路面温度の違いを試す京都市の実験が16日、伏見区にある地下鉄烏丸線の竹田駅西口歩道で始まりました。

遮熱塗料を道路に塗ると、夏季を中心に路面の温度を下げる効果があります。市は2004年7月に北区の西大路通車道で実験をした結果、約6度下がったといいます。今回は歩道で、効果や耐久性を約1年かけて調べるそうです。

この日午前、竹田駅西口の歩道の60平方メートルに、特殊な重機を使ってグレーの塗料を塗る作業が行われました。駅は1日3万人以上の利用客がありますが、通行人に遮熱効果を体感してもらいます。

塗料コストは1平方メートル当たり6000円。市は「投資に見合う涼しさが確かめられれば、ほかの歩道にも広げていきたい」としています。

日本には舗装された道路や路地が相当量あるので、遮熱塗料が普及するとかなりの冷却効果が期待できるでしょうね。今はコストがまだかかりますが、塗料の開発と普及がすすめばコストは下がっていくと思います。

気になるCM

2008/09/14 [Sun]15:45
category: テレビ
気になるCMをふたつ紹介したいと思います。

まずはグリコのCMから。国民的アニメ「サザエさん」の25年後という設定で実写映像化されたCMです。すっかり大人になったカツオ以下子どもたちの姿を見ることができます。しかも豪華すぎる俳優陣でびっくりです。とりあえず映像をご覧ください。

大人グリコ 再会編


小栗旬がイクラちゃんというのは衝撃でした。そして少し笑ったのがカツオ役の浅野忠信。未だに少年ぽいなりで野球用具を持っているしてるところがツボでした。そのうちサザエさんとかマスオさんも出るんでしょうか?楽しみです。


続いては携帯電話のソフトバンクのCM。上戸綾と白い犬のお父さんでお馴染みの白戸家シリーズの新作で黒人のお兄ちゃんが彼女にプロポーズする話。映像はこちら。

39 白戸家「兄フラれる」篇(30秒)


ホワイト家族にすると24時間家族間通話無料になることをプロポーズに使うも、午後9時まで通話無料のタダ友でいましょうということで見事にフラれちゃいます。そのあとにおでん屋で情けなく号泣するんですが、、、人の不幸を笑ってはいけないんですが、その泣き様が最高に気に入っています。


CM作る人はおもしろいこと考えるものですね。

飲み込める内視鏡、日本で発売認可

2008/09/11 [Thu]18:58
category: 健康
オリンパスメディカルシステムズは9月11日までに、錠剤のように飲み込める小腸用のカプセル型内視鏡について、厚生労働省から日本での製造販売認可を取得しました。今後、発売に向けて準備を進めていきます。

直径11ミリ、長さ26ミリのカプセル状。超小型のCCDカメラと無線送信機構を持ち、飲み込んだ患者の小腸内部の様子を外部モニターで観察できます。チューブを挿入する従来型と異なり、患者の負担を抑えながら消化器内を観察できます。

同製品は2005年10月から欧州、2007年10月から米国で販売しています。

僕はまだ内視鏡での検査を受けた経験はありませんが、現在の長いチューブのような内視鏡を口などから入れるものと違い、カプセル型ならそれほど抵抗なく検査を受けられると思います。

間伐材の燃料化

2008/09/09 [Tue]15:12
category: ニュース
京都市は10月から、大半が山に放置されている間伐材を、暖房などの燃料として活用するモデル事業を始めます。木材の燃料は、石油など化石燃料に比べて二酸化炭素(CO2)排出が少なく、地球温暖化の防止と森林整備を同時に進める狙いがあります。

京都市の市域は7割以上が森林で、毎年230-240ヘクタールで間伐などの森林整備事業に取り組んでいます。
間伐された木材は、これまでコースターなどの製品に加工販売するケースはあったが、使用量はわずかしかありません。
活用法を検討していた市は、粒状に加工した木材「ペレット」を燃料とする暖房器具やボイラーなどが、一部で普及していることに着目。燃料化の検討を始めることにしました。

ペレットは灯油などの燃料に比べCO2排出量が少ない利点がある一方、加工コストや山からの運搬コストがかかり、一般に普及するには課題も多いです。
このため、10月から流通経路などの調査を始めます。また、学識者や林業関係者などで「森林バイオマス資源活用検討委員会」を設立し、燃料化や堆肥(たいひ)化などの活用方法、採算性なども検討。2012年度までの5年間に、市内計105ヘクタールからの間伐材の燃料化モデル事業を行います。

今まで間引いた木を活用していなかったなんて、すごくもったいないですね。こんな感じで石油に代わる燃料がどんどん登場して実用化されていってほしいですね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。