カレンダー+最終更新日

05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

しじみちゃんのブログ

介護福祉情報ネット「ほっとらいん松江」スタッフの日々

ちゃぶ台返し世界大会開催

2008/06/28 [Sat]19:51
category: 地域
「お父さんやめてー」などの声を合図に、ちゃぶ台をひっくり返し食器の飛距離や飛び方などを競う「第2回ちゃぶ台がえし世界大会」が28日、岩手県矢巾町で開かれました。

5歳から58歳までの男女18人が参加。プラスチック製のおもちゃの皿や茶わんなどが載った四角形のちゃぶ台(縦30センチ、横40センチ、高さ22センチ)をひっくり返し、食器の飛距離や舞い方、ちゃぶ台返しの前のパフォーマンスなどを競い合いました。

「今の日本はどうなってんだ」「ガソリン代が高い」などと叫びながら、政治や経済の不満をぶちまけてちゃぶ台をひっくり返す人も多数いたので、より熱が入って盛り上がったことでしょうね。
スポンサーサイト

太陽光発電 家庭向け補助検討

2008/06/25 [Wed]17:54
category: ニュース
経済産業省は24日、総合資源エネルギー調査会(経産相の諮問機関)の部会で、地球温暖化対策として、二酸化炭素(CO2)を排出しない太陽光発電の普及促進に取り組む方針を示しました。一般家庭が設備を取り付ける際、費用を一部補助することなどを検討。現在は1戸当たり約230万円に上る導入費用を、3-5年以内に半額程度まで抑えたい考えだそうです。

日本には欧州のような一般家庭の太陽光発電設備の導入を十分に補助する制度がなく、日本では太陽光発電設備の普及がほとんど進んでいません。そして、今回ようやく国が重い腰を上げました。導入費用が100万円ちょっとで済み、余った電気を電力会社に売れるとなれば、普及が一気に進みそうですね。

火星の地表露出の塊は"氷"

2008/06/20 [Fri]16:37
category: サイエンス
米航空宇宙局(NASA)とアリゾナ大は19日、火星探査機「フェニックス」のロボットアームが地表を掘削した跡に露出していた塊について、「水が凍った氷に間違いない」と発表しました。

ロボットアームによる掘削は今月15日に行われ、さいころ程度の大きさの白く輝く塊が撮影されました。氷か塩と思われていましたが19日に確認したところ、塊が消えていました。この点から「水が凍った氷が蒸発したため」と結論付けました。

同日には別の場所で、ロボットアームが氷とみられる硬い層に接触しました。フェニックスはこの層の周辺の土壌をロボットアームですくい取り、水や有機物の存在を確認する作業を今後も続けていくそうです。

惑星で生物が存在するためには、水が不可欠ですが、氷の存在が確認されたことで水の存在が証明されました。これで火星に生物が存在する可能性がごくわずかですが、高まりましたね。

コップ1杯の水で洗える洗濯機

2008/06/15 [Sun]19:15
category: ニュース
イギリスのある発明家が環境に優しい洗濯機を発明しました。

いままでとは全然レベルが違います。なんと、1回の洗濯に使う水はたったのコップ1杯。この「Xeros machine」は大量のプラスチックチップを使って洗濯するんです。コップ1杯の水が温められると、これらのチップが汚れを吸収するそうです。コーヒーや口紅の汚れもとれるみたいです。

このチップの耐用回数は100回くらい。まだ試作品段階だそうですが、商用展開を真剣に検討しているそうなので、そのうち店頭で目にするかもしれませんね。一応来年あたりの発売を目指していて、価格は従来のものとあまり変わらない予定だそうです。

“しょうゆスイーツ”続々登場

2008/06/12 [Thu]19:25
category: グルメ
最近しょうゆを使ったスイーツが続々登場しています。有名パティシエのロールケーキが人気を集め、国内の消費低迷に頭を痛める地方の醸造元も、若年層をターゲットにチョコレートやアイスクリームを売り込みに躍起です。一大ブームを巻き起こした塩スイーツ同様、意表を突いた取り合わせが消費者の心をとらえつつあるようです。

創業250年を超える老舗醸造元「かめびし」(香川県東かがわ市)は昨年12月、しょうゆ味のチョコレート「ソイショコラ」を発売しました。フリーズドライ加工した3年醸造の薄口しょうゆと、ベルギー産チョコレートを組み合わせた異色の一品です。
「『甘さ控えめでお酒にもよく合う』と男性にも好評」(同社)で、箱詰めの初回生産分3000個は完売しました。「バレンタイン期間限定」の予定でしたが、新たに缶入りタイプも投入し、ネットなどで販売を続けています。かめびし17代目の岡田佳苗常務は「和菓子ではあんこに塩を入れて甘みを引き立たせるのが一般的で、しょうゆもデザートとの相性はいい。形を変えて売り出すことで、しょうゆ好きの裾野を広げたい」と話しています。

“しょうゆスイーツ”は各社から続々登場しています。今年は“しょうゆスイーツ”ブームになるのは間違いないでしょう。

島根のミネラルウオーター モンドセレクションで2年連続金賞に

2008/06/10 [Tue]19:41
category: 地域
島根県浜田市金城町の温泉水を使ったミネラルウオーター「からだにうるおうアルカリ天然水」が世界的な食品品評会「モンドセレクション」で2年連続最高金賞を受賞しました。製造会社「ケイ・エフ・ジー」(本社・浜田市金城町)の戸津川隆子社長は「島根のいい水と一生懸命作ってくれた社員のおかげ」と喜びを語りました。

「からだにうるおうアルカリ天然水」は、地下300メートルの花こう岩から噴出するアルカリイオン水を、ミネラル成分を失わないよう非加熱で出荷。セブン―イレブン・ジャパンのオリジナル商品として、全国のセブン&アイ・ホールディングスの各店で販売しています。
島根県内などではケイ・エフ・ジーが「純天然のアルカリイオン水 金城の華」として販売しています。戸津川社長は3年連続受賞の「国際優秀品質賞」を目指し「来年も挑戦したい」と話しています。

地元島根のミネラルウオーターが世界的な賞を2年連続で受賞したのは、大変嬉しいことですね。自然が豊かでいい温泉が沢山出る島根の良さを証明したとも言えますね。来年も受賞できるよう頑張ってほしいですね。

イタリアでは酒酔い運転したら「車を没収」

2008/06/07 [Sat]16:03
category: ニュース
イタリアで先月末、ある新しい法律が施行されました。それは、「飲酒もしくは薬物を使用した状態で車を運転した場合、警察がその車を没収する」というものです。

イタリアは交通事故死亡率を下げるため、上記の新法を打ち出しました。新しい法律では、次のように規定されています。「車のドライバーが薬物を使用していたり、血液中のアルコール濃度が基準値を超えていた場合、警察はその車を没収できる」。
イタリア北部地方ではすでに20数歳の男性1人、女性1人が、それぞれ大麻を使用、アルコールを飲用した状態で車を運転していたとして、警察に車を没収されています。

イタリアは、交通事故による死亡率が高い国とされています。最新データによると、2006年、同国では5669人の人が交通事故で命を落としているそうです。イタリアが交通事故による死亡率が高い国という汚名を返上するためには、すごく効果的な法律だと思います。最近日本でも飲酒運転による交通死亡事故が急増しているので、日本でもこの法律を取り入れたほうがよさそうですね。

カエルとイモリの天気予報

2008/06/05 [Thu]18:11
category: サイエンス
カエルとイモリの天気予報水槽が、鳥羽市の鳥羽水族館にお目見えしました。梅雨入り後の3日の天気は雨。カエルとイモリの予報はぴったりでしたが、昔ながらの下駄(げた)による予報は晴れと出て、大はずれでした。同水族館は8月末まで統計をとり、実際の天気と照合して精度を調べることにしています。

水槽(高さ1.8メートル、幅・奥行き90センチ)で天気予報をするのは、ニホンアマガエル20匹とアカハライモリ10匹。カエルとイモリに挑戦するのが下駄で、翌日の天気をその日の行動で予想します。

カエルは目を開けていたり木に登るなど活発に動いていれば雨、じっとしていれば晴れ。イモリは水中にいれば晴れ、上陸していれば雨。いずれも中間の行動をとっていれば曇りとしました。下駄は職員がけ飛ばして表が出ると晴れ、裏が雨、横に立てば曇りです。

果たして統計を取り終えた段階で一番多く正しく天気を予想するのは、カエル、イモリ、下駄のいずれでしょうか? やはり天気を予知する能力があると言われる野生生物である、カエルとイモリの争いになるのでしょうか? 結果が楽しみですね。

郵便集配すべて電気自動車に

2008/06/02 [Mon]15:04
category: ニュース
日本郵政グループの郵便事業会社は2日、地球温暖化防止や原油高に対応、今年度から集配などに使用する保有自動車約2万台をすべて電気自動車(EV)に切り替える方針を明らかにしました。8年程度かけ順次切り替えを進める予定です。

同社の年間ガソリン使用量は、2007年度で7万キロリットル程度に達しており、燃料費だけで100億円以上のコストがかかる。このため、集配郵便局からごく近距離を移動する自動車を中心に、順次EVに交換。コスト低減と二酸化炭素(CO2)排出量削減を図るそうです。

自動車を業務で沢山使用する会社が二酸化炭素(CO2)排出量を減らすことはすごく良いことですね。他の宅配業者や自動車を使用する会社の多くへもこの流れが広がっていくといいですね。