カレンダー+最終更新日

10 | 2006/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

しじみちゃんのブログ

介護福祉情報ネット「ほっとらいん松江」スタッフの日々

赤ちゃんポスト

2006/11/23 [Thu]18:49
category: ニュース
テレビでチラっと「赤ちゃんポスト」という言葉を聞いて、同じ日にたまたまexciteの世界びっくりニュースに「赤ちゃんポスト」という言葉を見つけるという偶然が続いたので、今日は赤ちゃんポストのことを取り上げたいと思います。

この「赤ちゃんポスト」というのは名前から想像できる通り、生んではみたものの何かの事情で育てることができない赤ちゃんを預けることができるというもの。この装置を設置している滋恵病院によると正式には「こうのとりのゆりかご」と名づけられているようです。

にわかに賛成できるものではないのですが、このポストによって救われる命があるのも事実なわけで・・・。軽率な子作り行為に走ってしまう人たちはけしからんけども、生まれてくる命には罪はありませんからね。うーん、でも預かった赤ちゃんをどういう風に育てるんだろう?養子縁組とか里子に出すんでしょうか?それか孤児院かな?

どちらにしても、かわいそうなのは子供ですね。
スポンサーサイト

ピザドッグ

2006/11/20 [Mon]20:31
category: グルメ
昨日久しぶりにモスバーガーのホームページを見たら、衝撃的なメニューを発見しました。僕にとってはいい意味で衝撃的だったのです。それは、期間限定でピザドッグなるメニューが現在発売中だということです。モスバーガーの商品は手作り度が高く、どのメニューも大変おいしくて、ホットドッグのプレーンドッグも僕の好きなメニューの一つです。そのプレーンドッグにピザのテイストが加わり、とろけるチーズがたっぷり乗るピザドッグを想像するだけで頬が落ちてきそうです。ピザドッグは今月一杯の期間限定なので、ぜひとも食べてみたいです。

携帯メール早打ち

2006/11/16 [Thu]19:46
category: 未分類
携帯メールの早打ち、シンガポールで世界記録という記事を見つけました。ギネスが用意した文章をいかに早く打つか競うわけですが、その文章というのが26単語160文字のこちらです。もちろん英語です。

「The razor-toothed piranhas of the genera Serrasalmus and Pygocentrus are the most ferocious freshwater fish in the world. In reality they seldom attack a human.
(カミソリの様な鋭い歯を持つセルラサルムス属とピゴケントルス属のピラニアは、世界で最も凶暴な淡水魚だ。実際には、人間を襲うことはほとんどない)」

シンガポールのアン・チュン・ヤンさん(16)はこの160文字を41.52秒で打ち込んだそうです。1秒で約4文字を打つなんて考えただけで指でもつれそうですね。携帯の扱いに自身のある方はギネスに挑戦してみてください。

ついに即席めん業界にも

2006/11/14 [Tue]18:48
category: グルメ
製紙業界、紳士服業界と最近話題になっている敵対的なTOB(株式公開買い付け)ですが、ついにその波が即席めん業界にも訪れました。即席めん業界4位の明星食品が米系投資ファンドのスティール・パートナーズ・ジャパン・ストラテジック・ファンドに敵対的なTOBを仕掛けられました。明星はその危機を打開すべく、即席めん最大手の日清食品に資本提携を打診しました。もし両社が手を結べば、カップと袋を合わせた即席めん市場の約5割を握ることになりますが、日清は明星との資本提携に否定的な見解を示しています。それとは対照的に業界2位の東洋水産は明星との提携を積極的に検討しています。

最近の即席めん業界は少子高齢化で需要が伸び悩み大変厳しい状況で、今回の明星へのTOBがなくても、淘汰や再編がいつ起きてもおかしくないと言われています。ただ、インスタントラーメンファンの私としては昔から親しまれている各社のベストセラー商品が消えていくことだけは避けてほしいです。各社が上手い具合に協力、提携し合ってもっともっと即席めん業界が発展していってほしいです。

ウニとヒトが同じ

2006/11/10 [Fri]16:23
category: サイエンス
ウニのゲノム(全遺伝情報)の解読を、欧米の研究チームが完了した。遺伝子数はヒトとほぼ同じ2万3000個で、遺伝子の70%がヒトと共通していた。研究チームは「遺伝子レベルでは、ハエや線虫に比べヒトに近い。このデータは進化の解明につながる」と驚く。

 解読によると、ゲノムの大きさを示す塩基数は8億1400万対でヒトの4分の1だった。チンパンジーとヒトは99%の遺伝子が共通しているが、ハエとヒトは40%とされる。

それにしてもあのおいしいウニとヒトが同じとは・・・
ちょっとしんじられないですよね。

ロシアでキャビアが販売禁止に?

2006/11/09 [Thu]15:21
category: グルメ
近くロシア議会に驚くべき法律改正案が上程されるそうです。それは、世界3大珍味のひとつの高級食材キャビアのロシアでの販売を一切禁止するものです。もしその改正案が可決されれば、ロシアからの輸出もできなくなります。この改正案はキャビアの密漁を防ぎ、マフィアの資金源を断つのが狙いだそうです。驚くことにロシア産のキャビアの9割が密漁されたものだそうで、ロシアのチョウザメは絶滅の危機にあるので仕方ないのでしょうか?

ちなみにこのブログを書いている私は恥ずかしながら生まれてから一度もキャビアを食べたことがありません。キャビアを使う料理が出されるお店に行ったことがないのです。もしこの改正案が通れば、一生キャビアが食べられないかもしれませんね。