カレンダー+最終更新日

08 | 2006/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

しじみちゃんのブログ

介護福祉情報ネット「ほっとらいん松江」スタッフの日々

スポンサーサイト

--/--/-- [--]--:--
category: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- comment --   編集

筋ジストロフィーとガン

2006/09/25 [Mon]16:30
category: サイエンス
筋ジストロフィーのうち最も患者数の多いデュシェンヌ型筋ジストロフィーは、遺伝子異常によりジストロフィンと呼ばれる筋肉細胞の骨組みをつくるタンパク質がほとんど作られなくなる疾患です。ジストロフィンが欠損することにより筋細胞の形が保てなくなり、容易に壊れやすくなると考えられています。その結果、筋肉細胞は崩壊・再生を繰り返し、筋力の低下と筋萎縮をきたします。やがて筋力の低下と筋萎縮は、呼吸筋や心筋にまでおよび死に至ります。

先日テレビを見ていて驚きました。ガン患者の20%以上は、ガン自体ではなく、悪液質という筋肉が不足した状態になることによって衰弱し治療ができない状態になることによって亡くなると言われていますが、その原因がガンが筋肉細胞のジストロフィンを攻撃し、筋肉を萎縮させることによるものだそうです。

これは、筋ジストロフィー研究で行われている遺伝子治療(ジストロフィンを補う)の研究が、ガン延命治療と結びつく可能性が出てきたということです。筋ジストロフィーの患者数はガンの患者数と比べて桁違いに少ないのですが、ガン延命治療の研究と結びつくことで筋ジストロフィー研究が一気に進むことでしょう。
スポンサーサイト

死角のない車椅子

2006/09/22 [Fri]15:42
category: 未分類
周囲のどこでも見える全方向カメラやコンピューターを備え、壁や階段などを自動検知して止まったり、乗っている人が手を伸ばした方向に進んだりする電動車いすを開発したと、産業技術総合研究所が20日発表した。
 国立身体障害者リハビリテーションセンター研究所の協力を得て改善を重ねており、障害者や高齢者向けに、今後10年以内の実用化を目指す。 
便利そうですが問題は価格ですよね。

お出かけしました

2006/09/14 [Thu]20:53
category: 未分類
昨日は病棟の行事でお出かけしてきました。車いすのまま乗れるタクシーをチャーターして小1時間。境港のビアガッセという地ビールの飲めるレストランで昼食をとり、プラント5という新しくできたショッピングセンターで買い物をするというコースでした。

昼食はビアガッセ特製チキンカレー。そして飲み物は水とコーヒー。。。ビアガッセというくらいなので地ビールを飲むべきところなんですが、ビール飲めないんです。。。場違いなのかも?

続いてショッピングセンターに行きましたが、よく考えたら買うものなかったりして。で、もっとよく考えたら三年前くらいから財布を新調したかったのを思い出して買いました。買ったのは3980円の財布。ただ、ほつれてない財布が欲しかっただけなのです。

月食

2006/09/08 [Fri]17:33
category: サイエンス
満月の右上が欠ける部分月食が8日未明、各地でみられた。国立天文台によると、沖縄、鹿児島、札幌からよく見えたという報告があったという。月食は8日午前3時5分ごろから1時間半ほど続いた。同51分ごろに最も大きく欠け、満月の直径の約5分の1が完全に暗くなった。 

月見の最中に月が欠けたらちょっとびっくりするかもしれませんね。

飲酒運転を減らすには

2006/09/06 [Wed]17:53
category: 未分類
飲酒運転が原因の死亡事故の話をまた聞くようになりました。夏休みに福岡の子供が3人亡くなった事故は特に悲惨でしたね。法律が厳罰化してしばらくは飲酒が原因の死亡事故が減少していたようですが、最近になってまた増加傾向にあるようです。なんとかならないんでしょうか?

海外の一部の国では飲酒運転を防止するために、アルコール検知機能のついた車が導入されつつあります。ドライバーの吐く息から一定以上のアルコールを検知するとエンジン自体かからないようになっています。スウェーデンでは2012年からの新車にこの機能をつけることを義務化しているんだそうです。

ソフトウェアたる人間を律しきれないならハードウェアたる車をなんとかしようという発想ですね。この機能を標準装備として義務化できれば飲酒運転は激減し、悲惨な事故も減ること請け合いです。自動車大国日本だからこそ安全性を追求して欲しいですね。

しかし、一番アテにならないのが人間というのも情けないことですね。

関連リンク
アルコール検知でエンジンかからない装置

米国で導入進む「アルコール検査に合格しないと動かない自動車」

VOLVO 交通事故抑止に繋がるアルコール検知器と速度リミッター機能付きキーを開発

USBギター

2006/09/04 [Mon]15:35
category: グッズ
パソコンにつなぐことで手軽にパソコンの機能が追加できるUSB機器には、様々な種類があり、おもしろい機能を持つものも沢山ありますが、ついにUSBギターなる製品が発売されました。

それがドイツのベリンガー社から発売されたiAXE393(定価:18,750円)です。

見た目は全く普通のエレキギターなのですが、USB端子が装備されています。もちろん普通のエレキギターとしても使えますが、パソコンとUSBケーブルで接続すればパソコンをエフェクター(ギターの音色を変えることができたり、効果音をつけたりできる機器)として使えるようになります。つまり、高価なギターアンプやエフェクターを購入せずにギターを楽しむことができ、ギターのレコーディングも手軽にできるのです。

機材の置き場がなくてギターをやめてしまった人ももう一度ギターを始められてはいかがでしょうか?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。