FC2ブログ
昨日の朝、松江市東津田町の津田幼稚園に野生のニホンザルが侵入したそうです。市職員や松江警察署員が約10人出動して約3時間後に捕らえられて中国山地に放されたそうですが、きっとすごく大変な捕獲劇だったんでしょうね。

この前日には同市上乃木でもサルが目撃されていたそうです。上乃木といえば僕が住んでいる地域じゃないですか。こんな身近なところにサルがいるなんて驚きです。東津田も上乃木も全然山深い地域ではないのにサルがいるんですね。山奥も開発が進んできてサルはこんな平地の街中に出てこないとエサにありつけなくなってきたんでしょうね。
スポンサーサイト
太陽系
太陽系の惑星は「水金地火木土天海冥」と習ったものですが、このほど天文学会で直径800kmから大きい星を惑星にしようということで議論されています。これで何が起こるかというと、今まで惑星と認定されていなかった天体が惑星になったり、今まで惑星とされてきた星が惑星じゃなくなったりするんです。

新たに加わる星の候補は火星と木星の間にあるセレス、冥王星の衛星とされるカロン、NASAが昨夏に見つけた2003UB313。このほかにも太陽系には惑星になれそうな天体が12個はあるという話です。さらに驚いたことに冥王星が惑星から外されるという話も出てきました。今まで常識と思っていたこともどんどん変わっていくんですね。

ところで欧米では惑星の名前をギリシャ神話の神様からつけていますが、日本の「水金地火木…」は陰陽五行説から決められているんだそうです。
先日の東京で起きた停電事故は大変な騒ぎとなりました。原因はクレーン船が送電線に触れたことによるものでした。これは人為的なものなので今後ある程度防げると思います。

そして、今度は22日に福島県で停電事故が起き、3841戸が停電の被害を受けました。その原因はなんと!ネズミが送電機器に触れてショートしたことでした。ネズミは生命力が強くどんなところでも生きていけるので、日本中の全ての送電機器をネズミから守ることはかなり難しいと思います。

電気がないと生きていけない人間は、野生生物と比べるととてつもなく生命力が弱いなと実感しますね。
今日は以前ほっとらいんで紹介した栄養補助飲料、メイバランスを試飲しました。いつもは「テルミール・いちご味(125ml/200kcal)」というのを飲んでいますが、今日は明治乳業の「メイバランス・キャラメル味(125ml/200kcal)」と「メイバランス・ヨーグルト味(125ml/200kcal)」を飲んでみました。ではそれぞれの感想です。

「メイバランス・キャラメル味(125ml/200kcal)」
 味はキャラメルのようなプリンのような感じ。個人的にはプリン好きなので味は苦にならないけど、冷やさないと飲むのは厳しい。

「メイバランス・ヨーグルト味(125ml/200kcal)」
 ヨーグレットを薄くしたような中途半端なヨーグルト味。やはり冷やさなければ飲むのは厳しい。

この手の飲み物は昔に比べてだいぶ飲みやすくなってきましたが、食べ物全体で考えれば不味くはないけど美味くもないというレベル。薬みたいなものだから我慢しろと言えばそれまでですが、口に入る限りはやっばりなるべく美味しいほうがいいですよね。味の合成技術がもっともっと向上して欲しいものです。