FC2ブログ
僕のパソコンデスクにはいつでも水分補給できるようにペットボトルのジュースを置いています。最近のお気に入りは午後の紅茶レモンティーです。無着色かどうかはどうでもいいんですけど、味的な判断で飲んでます。

ある日いつものようにパソコンデスクに着くと酸っぱいような渋いような足の裏のようなにおいがツンと鼻につきました。そのときは寝ぼけていたので何のにおいなのか気づかないまま紅茶を一口含んでしまいました。

ゴクン・・・まずい!!というか身体に悪い!!という信号が脳に届きました。飲んでから気づくとは不覚でした。今のところ何ともないので大丈夫みたいですが、もっと沢山飲んでいたらどうなってたんでしょう。。。おぉ、コワ。
スポンサーサイト
さて、一ヶ月にわたって繰り広げられていたサッカーW杯はイタリアの優勝で幕を閉じましたね。不本意ながら決勝戦はビデオで観戦しました。昨日の朝ニュースもネットも見ないで真っ先に見ましたよ。結果を先に知って見るのってむなしいだけですからね。

フランスはジダンがPKで1点先制。対してイタリアはピルロのCKにマテラッツィがヘッドで合わせて同点。試合の流れは行ったり来たりするものの両チームの執念の守備で得点には至らず。そのまま延長でも決着がつかなかったのでPK戦に。でも、このPK戦のとこだけビデオに入ってなかったんです。録画時間が足りなかったのです。仕方なくニュースで結果を知ることとなりました。

決勝戦で印象に残ったことが二点ありました。まずイタリアのキャプテン、カンナバロの守備。小柄な身体ながら屈強の男たちの間を走り回って得点チャンスを潰しまくっていました。イタリア代表キャプテンなのだから技術は申し分なく、流れを読む洞察力、最後まで腰を落として相手に対峙し続ける根性もあって今大会のカテナチオを完成させていたんだなと感じ入りました。日本チームの手本にして欲しい選手の1人です。

もうひとつはもちろんジダンの退場劇。イタリアDFマテラッツィと言い合いをしたあとにジダンの頭突きが炸裂。主審は見ていなかったものの事実関係を確認してジダンにレッドカード。きっと世界中の人が信じられないものを見た気分だったに違いありません。今大会で引退を公言していたジダン最後の公式試合がレッドカード退場で終わってしまうなんて・・・。ワールドカップの横を素通りしていくジダンの背中がとても印象的でした。まるでジダンに始まりジダンに終わったような決勝トーナメントでしたね。

イタリアのみなさん、24年ぶりの優勝おめでとうございます。
今日は文化祭の慰労ってことでお好み焼き会がありました。久方ぶりに美味しいものでお腹いっぱいになりました。

西日本を代表するお好み焼きですが、みなさんどんな具を入れますか?僕などは食べにくい食材が多いのでいろいろぐちゃぐちゃ混ざってるのは苦手です。そんなこともあって今日作ってもらったのは生地にチーズだけのシンプルなもの。正確にはもうお好み焼きではないのかもしれませんが、これがけっこうおいしいんです。あと魚肉ソーセージという庶民のおやつを入れて焼いたのもいけました。

出来立てアツアツの食べ物を食べることが滅多にないので食べる行事は純粋に楽しいです。実験的な調理ができるのもこんな時くらいしかないのでそれも楽しみですね。何回かやってたらものすごい創作料理ができるかも?