カレンダー+最終更新日

04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

しじみちゃんのブログ

介護福祉情報ネット「ほっとらいん松江」スタッフの日々

スポンサーサイト

--/--/-- [--]--:--
category: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- comment --   編集

ニワトリが先か、卵が先か…。ついに結論が。

2006/05/29 [Mon]08:07
category: トレンド
ニワトリが先か、卵か先か…。学者から酒場の酔客まで悩ませ続けてきたこの“命題”に、英国の遺伝子専門家と哲学者、養鶏家の3人が結論を下した。その答えは「卵が先」。英PA通信が26日、報じた。

ノッティンガム大のブルック・フィールド教授(進化遺伝子学)らによると、生物が生きている間に遺伝物質が変化することはなく、ニワトリ以外の鳥が途中でニワトリになることはあり得ない。このためニワトリ以外の鳥が産んだ卵が、突然変異でニワトリの特性を備えた卵になった、と結論づけたという。

結論の根拠は意外と簡単で分かりやすいものでした。多くの謎が解明されていない身近な生物はまだまだ沢山いると思います。あなたも生物の謎解きをしてみませんか?
スポンサーサイト

“病気を治す”カメ

2006/05/26 [Fri]16:01
category: サイエンス
カンボジア・カンダル州の仏塔で飼われているカメが、病気や傷を治す不思議な力を持つとして話題となり、大勢の信者が訪れている。
 このカメは仏を守る神聖な動物とされ、祈りを捧げる人が行列を作るほどの人気。カメが浸かった水で傷を洗ったり、その水を飲む人も後を絶たないという。
 もともとは同国のコンポンチャム州の村で、漁師の男性に捕まえられたこのカメ。男性とその家族がその夜に奇妙な夢を見たため、幸運を祈ってカメを近くの仏塔に連れて行ったという。ところが翌日、そのカメが自分をカンダル州の仏塔に連れて行くように告げる夢を見た人が同村で続出、カメはすぐに移送された。
 同国では、動物の治癒力を信仰する宗教がかなり一般的だという。

うーん、カメを飼ってみようかなぁ(笑)

ダ・ヴィンチコード

2006/05/25 [Thu]19:24
category: トレンド
いま話題のダ・ヴィンチ コード、みなさんはもうご覧になりましたか?様々な物議をかもしだしているこの映画。特にカトリック信者を数多く抱える国では抗議などあったりと大変みたいですね。

難しいことはよくわからないんですが、今回のことを見てるとなんだか昔の思想家や科学者が教義にそぐわないからと捕らえられたり殺されたりしていたのと重なって見えてしまいました。

解釈論は日本憲法の専売特許だからお軽いだけなのかも知れませんが、僕からみると単純にキリストの子孫がいたらおもしろいなと思うんですけどね。

ダ・ヴィンチ コード、機会があったら見てみたいです。

エビちゃんナース

2006/05/22 [Mon]20:29
category: トレンド
あるクイズ番組の出題問題で知ったのですが、今大人気のモデル、エビちゃんこと、蛯原友里には双子の妹(名前は英理)がいて看護師をしているそうです。

エビちゃんナースがいる病院があるなんてうらやましい限りです。きっとその病院は男女問わず若者の患者であふれていることでしょう。おじいさんの患者であふれているかもしれません。

妹もファッション誌CanCamへの登場歴があるそうで、芸能界デビューの噂もささやかれているそうです。でも、病院長は手放したくないでしょうね。

とにかく、蛯原姉妹はそれぞれがどんな職業についても人気者であることは間違いないでしょう。

誤食に注意!「ニラとスイセン」

2006/05/19 [Fri]16:58
category: 未分類
北海道食品衛生課は16日、北海道美瑛町で、スイセンをニラと間違えて食べた女性9人が、嘔吐(おうと)や頭痛などの食中毒症状を訴え一時入院したと発表した。全員ほぼ回復しているという。
 同課によると15日午前6時半ごろ、美瑛町にある会社の寮の庭で栽培していたニラの近くにあったスイセンを、20代から30代の女性従業員が卵とじスープにして食べた。
 スイセンは球根の部分以外はニラと似ている。スイセンにはリコリンという腹痛や下痢などの中毒症状を引き起こす物質が含まれており、道が注意を呼びかけた。誤食に注意!「ニラとスイセン」

W杯日本代表決定

2006/05/18 [Thu]19:13
category: スポーツ
先日サッカーW杯日本代表23選手の発表がありましたね。その様子がテレビで生中継されていたので神妙に見ていました。サッカー日本代表、W杯登録メンバー23名を発表!

印象的だったのはFWの巻選手の名前が読み上げられた場面。会見場から一斉にどよめきが上がるくらいのサプライズでした。こういう雰囲気こそ代表発表にふさわしいシーンのように思いました。巻選手は最近代表に召集され、勢いもそのままに代表を勝ち取ったのでした。W杯本戦でもこの勢いでかきまわして欲しいですね。

ところで代表選手選出後の反応ですが、前回の中村俊輔が落ちた時もこんな感じだったでしょうか。松井選手が選ばれなかったことに対する不満の声が多いみたいですね。あと鹿島の選手が贔屓されてるんじゃないかという声もあるようです。

不満の声が正しいのかジーコ監督の判断が正しいのか終わってみなければわかりませんが、ジーコジャパンが過去何十年と費やしても一回しか達成できなかったW杯アジア予選を再び勝ち抜いたのは事実。ジーコ監督が好きな選手を起用することくらい許してあげてもいいのではないでしょうか。

決まったからにはたらればも言わずに素直に応援しようではありませんか。がんばれ、ジーコジャパン!!

プロデューサー・鈴木敏夫の流儀

2006/05/15 [Mon]20:25
category: テレビ
NHKで「プロフェッショナル 仕事の流儀」というさまざまな分野の第一線で活躍中の一流のプロを紹介する番組があります。登場するプロは自分の仕事と生き方に確固とした「流儀」を持っている人ばかりです。

番組のある回で、となりのトトロ、千と千尋の神隠し、など次々にアニメ映画の大ヒットを飛ばす宮崎駿監督の片腕として活躍しているスタジオジブリのプロデューサー 鈴木敏夫が一流のプロとして登場していました。その中で僕の印象に残った彼の流儀が、

「仕事を“祭り”にする」

です。「仕事を仕事と思っていたら、バカバカしくてやってられない」と言い切っていました。主体的に心の底から楽しんで仕事に取り組むことが成功の秘訣ということです。僕は仕事を真面目に取り組もうとしすぎるあまり、それに縛られて義務感を持ちすぎて空回りして疲れてしまいがちですので、少しずつでもその考えを取り入れていきたいと思います。仕事を“祭り”にして楽しんでいいものを作っていきたいです。

干潟の困り者から贈り物

2006/05/12 [Fri]14:51
category: サイエンス
博多湾の和白干潟で繁殖するアオサを材料にしたまんじゅうを港湾局環境対策課が試作した。夏場には腐敗して悪臭を放つなど、「博多湾の困りもの」といわれるアオサだが、有効活用への道が開けたことでイメージもちょっぴり変わりそうだ。
 アオサは、緑藻類の海藻。生活雑排水中の窒素やリンを吸収して成長、海水の富栄養化を防止するなどの水質浄化に役立つ。半面、大量発生すると腐敗して悪臭を放つほか、海面へのたい積が進行すると赤潮発生につながるケースも指摘されている。このため、1996年度から毎年2400トン程度を回収、廃棄処分している。
 同課によると、和白干潟のアオサはアオノリになる種類とは異なって硬くて分厚く、「口に入れると、もさもさする」という。一方で「緑が鮮やかで、熱処理しても変色しにくい」特性があることから、まんじゅうづくりを思い付いた。
 薄力粉などと混ぜ、まんじゅうの生地とする。蒸しパンに似た食感で、中のあんこの甘さを引き立てる。いまのところ、商品化する予定はないが、環境保護団体の集まりなどで「銘菓 和白アオサまんじゅう」と名付け紹介している。うーん、でもあまり食べたい気にはならないかも。

偉人ブログ知ってますか?

2006/05/11 [Thu]16:17
category: ネット
GWは風邪で寝込んでしまい台無しになってしまいました。みなさんはGW楽しめましたか?うちにこもっているうちにおもしろいブログを見つけました。知ってる人は知ってると思うんですが、その名も偉人ブログです。

歴史上の人物が書くブログってことでテレビが取り上げていたのを思い出してアクセスしました。筆者が歴史上の人物になりきってブログを書いたらどうなるのかというのが斬新です。取り扱う話題は現代のものなのですが、その歴史上の人物が関わった出来事をうまく性格に取り込んでいて、ちょっと歴史に詳しい人が見たら笑ってしまうはず。

一部を紹介するとまず三大美女のチャット風景。クレオパトラと楊貴妃が自らの美貌を自慢しつつお互いを罵り合っているところに小野小町が巻き込まれて困ってしまったり、徳川吉宗が目安箱に入った質問にテンション高く答えている様子なども笑えます。歴史は苦手って人にもちょっと親しみが持てるかも知れません。

USBアクセサリーが大流行

2006/05/08 [Mon]19:13
category: トレンド
エビフライ(フードディスク)パソコンには、マウス、プリンターなどの周辺機器を接続するために使う、USBポートというものがあります。このUSBポートは、パソコンと周辺機器がデータをやりとりするだけではなく、5ボルトの電源も出力されています。現在、このUSBポートを電源代わりに利用するだけのさまざまなUSBアクセサリーが発売されていて、大流行しています。

フードディスクすしディスク
USBアクセサリーの走りがこれら食べ物型のUSBメモリーです。USBメモリーは、フロッピーに入りきらない大きなデータを保存したり、他のパソコンへ移したりする時に使う仕事には欠かせないアイテムですが、エビフライやマグロのにぎり寿司にそっくりなUSBメモリーを使えば職場が明るくなり仕事が楽しくなることでしょう。

USBアロマポット
陶器製のアロマポットから伸びるUSBケーブルをパソコンのUSBポートに接続し、ポットに水とエッセンシャルオイルを入れ、電源スイッチを入れたらハーブの香りが広がり癒してくれます。

USBホットしてクール
今まで缶入り飲料などの温度を保てるUSB接続の保温器、保冷器はいくつか発売されてきましたが、保温と保冷の両方が行える製品は「USBホットしてクール」が初めてだそうです。USBケーブルに付いているスイッチで保温、保冷、電源オフの切り替えができます。

あなたもUSBアクセサリーを買ってパソコン回りを楽しくしてみませんか?

塩味のする珍しい野菜

2006/05/07 [Sun]09:23
category: サイエンス
根から塩分を積極的に吸収し、ちょっぴり塩味のする珍しい野菜が開発された。地元の新しい特産野菜を目指す一方、強力な吸塩能力を生かし、干拓地での塩害対策にも役立てようと研究を進めている。
 この野菜は、南アフリカ原産のザクロソウ科の植物アイスプラントを改良した「クリスタルリーフ」。肉厚な葉が特徴で、茎や葉の塩分を含んだ透明の細胞がキラキラと光って見える。
 アイスプラントがフランスでは高級食材とされるのを知った研究生の提案で、大学の実験用植物を食べてみたのが開発のきっかけ。異なる塩分濃度での栽培方法の検討や成分の分析を経て、現在は福岡県内で試験的に販売している。
ということはこの野菜に調味料はいらないってことでしょうか。

焼きラーメン

2006/05/02 [Tue]08:02
category: グルメ
博多のとんこつラーメン、広島風お好み焼き、仙台の牛タン、札幌のスープカレー、など地方のご当地グルメから全国区の人気メニューになったものは多数あります。

そして、次に全国区でブレイクしそうなものが、博多の焼きラーメンではないでしょうか?

焼きラーメンとは、元々博多ラーメン屋台の裏メニューで、麺と具材は博多ラーメンと同じで、茹でた麺と具を鉄板で焼きそばの要領で炒め、味付けに煮詰めたとんこつスープを注ぎ麺にからめたものです。

ラーメン好きの僕としてはぜひとも食べてみたいものです。でも簡単に博多の屋台まで行けないし・・・。と思っていたら、あの永谷園から焼きラーメンの素が発売されました。野菜と豚肉を買い足すだけで手軽に焼きラーメンが楽しめます。まずはこれで焼きラーメンデビューしようと思います。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。