FC2ブログ

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

カテゴリー:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018.01.31 (Wed)

雑感

カテゴリー:ニュース
平昌オリンピック
オリンピックと政治・国同士の問題は関係ありませんが、今回の北朝鮮の参加は政治利用と言わざるをえません。

大相撲
近年せっかく相撲人気が出て来たのに、角界の体質・相次ぐ不祥事には閉口します。国民誰もがすっきりして相撲を楽しめる日が来るのでしょうか。

仮想通貨
仮想通貨が普及すれば便利になるでしょうが、時々起こる仮想通貨の巨額流失ですっかりイメージが悪くなりました。やはり各国の政府お墨付きの高セキュリティの仮想通貨を作るしかないのでしょうか。

スポンサーサイト

2017.09.21 (Thu)

ミサイルから身を守る

カテゴリー:ニュース
今年に入り、北朝鮮は頻繁にミサイルを発射しています。
そのミサイルが日本海の排他的経済水域内に落下したり、日本上空を飛び越えて北海道の西方の太平洋に落下したりし、日本と朝鮮半島、そして北朝鮮とアメリカは、予断を許さない緊迫した状況に陥っています。

ミサイルやその破片が日本に落下した場合に迎撃できるよう、日本各地にPAC3が、日本海側と太平洋側の海上に日米それぞれのイージス艦が配備されています。ただ、ミサイルが飛んでくる状況によっては100パーセント防ぎきれないのではと言われています。やはり最後は自分で自分の身を守るしかありません。

では、どうやって自分の身を守ればいいのでしょう。今年に入り、日本政府の国民保護ポータルサイトやCMで弾道ミサイル落下時の行動方法が流されるようになりました。
http://www.kokuminhogo.go.jp/
回りで「こんな方法で身を守れるわけがない」という声を耳にします。
さすがに直撃されたらどうしようもないですが、そうでなければ、これらの対策を講じるだけで多少でも被害がおさえられたり、小さくできたり、放射線を浴びた場合の後遺症を軽くできるかもしれません。

もっと真剣に考えて、自分で自分の身を守っていきましょう。

2017.03.31 (Fri)

籠池氏問題

カテゴリー:ニュース
連日国会で籠池氏関連の問題について時間をかけて議論されている。

たしかに放って置いていい問題ではないけど、もっと優先すべきことがたくさんあると思う。それらを終わらせてから籠池氏関連の問題についてしっかり議論すればいいと思う。

籠池夫妻の発言・メールに国会、政府、マスコミは振り回されすぎだと思う。何が重要かしっかり考えてほしい。

2017.01.31 (Tue)

事故防止装置

カテゴリー:ニュース
集団登校の列に自動車が突っ込む事故が後を絶ちません。30日に島根県益田市で小学生の集団登校の列に飲酒運転の軽トラックが突っ込み、小学3年の男児(9)と、付き添っていた男性(73)がはねられるという事故が起きました。また事故が起きてしまいました。

同様の事故を防ぐ対策として大人が付き添うことも必要ですが、やはり人間では限界があります。国主導で各自動車メーカーに自動運転の技術を生かした事故防止装置の開発を急いでもらいたいですね。

2016.09.29 (Thu)

報道の仕方

カテゴリー:ニュース
横浜の病院で点滴に異物が混入され、入院患者2人が相次いで中毒死するという凄惨な事件が起きました。
内部・外部どちらの者による犯行かは分かりませんが、どちらにしても無抵抗の患者を殺めた犯人を許すことはできません。

情報番組のニュース報道で点滴のボトルの仕組みや針の刺し方を細かく説明していますが、これについては大いに疑問を感じます。
針の刺し方などは病院関係者、その様子を見ている患者、付添の家族などだけが知っていることですが、細かく報道されると病院に無縁の人にも広く知られるようになります。
どんな凶悪事件でも言えることですが、細かく報道されると模倣犯、愉快犯、興味本位で殺人を犯す人間などを増やすことを助長しかねません。
常に報道の仕方を考えていくことが重要です。

カレンダー+最終更新日
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
アクセスカウンター
プロフィール

しじみちゃん

Author:しじみちゃん
ほっとらいん松江スタッフが交代でブログを書いていきます。
よろしくお願いします!

ほっとらいん松江

最近の記事
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
     
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング