カレンダー+最終更新日

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

しじみちゃんのブログ

介護福祉情報ネット「ほっとらいん松江」スタッフの日々

スポンサーサイト

--/--/-- [--]--:--
category: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- comment --   編集

バスケットボール問題

2014/11/30 [Sun]19:34
category: スポーツ
スポーツに疎い私が言うのもなんですが・・。

日本の男子バスケットボールのトップリーグには、NBLとbjリーグの2つがあります。
期限内にこの2つの統合をしなかったため、国際連盟に制裁として日本の国際大会への参加資格停止処分を課されました。現段階では2020年の東京五輪への参加も認められないようです。

なぜかトップリーグが1つしかない女子まで、とばっちりを受けて出れないことに。
NBLとbjリーグを統合できない日本協会に問題があるとは言え、女子まで出れないのはおかしくないですか。

そもそもなぜ2つのリーグを統合しなければならないのでしょうか?
日本は外国に比べればバスケットボールの普及率が低く、そのため外国より競技技術のレベルが低いかもしれません。
そこで国際連盟は普及や強化面を不安視して2つのリーグの統合を要求してきました。
でも、各企業に根付いたNBLと各地域に根付いたbjリーグを統合するのには無理があると思います。
統合しようとしたら、2つのリーグの対立が激しくなり、分裂状態になってしまいました。

日本では、各企業に根付いたNBLと各地域に根付いたbjリーグの両方をそれぞれ存続させ、それぞれが人気を高める努力をすれば、それがバスケットボールのさらなる普及につながり、さらなるレベルアップにつながるのではないでしょうか。

国際連盟には再考してもらいたいです。

スポンサーサイト

銀メダル

2010/02/26 [Fri]20:17
category: スポーツ
世界中の関心を集めた
バンクーバーオリンピック
女子フィギュア頂上決戦は

キム・ヨナ 金メダル
真央ちゃん 銀メダル

という結果に終わりました。

涙のインタビューシーンも見ていましたが
負けたことよりも思い描いていた通りの滑りが
できなかったことを悔しがっているようでした。

銀メダルでもすごいことなのに
満足することなく自分に厳しくさらに高みを目指す
純粋なアスリート魂に感動しました。

2人のライバル対決はまた新しいドラマを生みそうですね。

ワールドカップ終了

2006/07/13 [Thu]20:48
category: スポーツ
さて、一ヶ月にわたって繰り広げられていたサッカーW杯はイタリアの優勝で幕を閉じましたね。不本意ながら決勝戦はビデオで観戦しました。昨日の朝ニュースもネットも見ないで真っ先に見ましたよ。結果を先に知って見るのってむなしいだけですからね。

フランスはジダンがPKで1点先制。対してイタリアはピルロのCKにマテラッツィがヘッドで合わせて同点。試合の流れは行ったり来たりするものの両チームの執念の守備で得点には至らず。そのまま延長でも決着がつかなかったのでPK戦に。でも、このPK戦のとこだけビデオに入ってなかったんです。録画時間が足りなかったのです。仕方なくニュースで結果を知ることとなりました。

決勝戦で印象に残ったことが二点ありました。まずイタリアのキャプテン、カンナバロの守備。小柄な身体ながら屈強の男たちの間を走り回って得点チャンスを潰しまくっていました。イタリア代表キャプテンなのだから技術は申し分なく、流れを読む洞察力、最後まで腰を落として相手に対峙し続ける根性もあって今大会のカテナチオを完成させていたんだなと感じ入りました。日本チームの手本にして欲しい選手の1人です。

もうひとつはもちろんジダンの退場劇。イタリアDFマテラッツィと言い合いをしたあとにジダンの頭突きが炸裂。主審は見ていなかったものの事実関係を確認してジダンにレッドカード。きっと世界中の人が信じられないものを見た気分だったに違いありません。今大会で引退を公言していたジダン最後の公式試合がレッドカード退場で終わってしまうなんて・・・。ワールドカップの横を素通りしていくジダンの背中がとても印象的でした。まるでジダンに始まりジダンに終わったような決勝トーナメントでしたね。

イタリアのみなさん、24年ぶりの優勝おめでとうございます。

スポーツメーカーの話

2006/06/21 [Wed]15:39
category: スポーツ
スポーツをよく知る人にとっては当たり前のことみたいですけど、ヘルツォーゲンアウラッハという地名をご存知ですか?ドイツの田舎町なのですが、かの地には有名スポーツメーカーのプーマとアディダスの本社があるんだそうです。

なんでこんな小さな町に世界規模で有名な2社の本部があるのか?それはこの2社はもともとひとつの会社だったからなんです。もともとはダスラーっていう兄弟が協力して経営していたんだそうですが、経営方針の違いからケンカ別れしてそれぞれ会社を設立。それがプーマとアディダスになったということなんです。

おもしろいのがプーマの社員はアディダス製品は一切認めず、アディダス社員もプーマ製品は一切認めないという強烈なライバル関係が今でも続いているということ。それがいまや両社とも世界有数ブランドになったというのはすごいですね。

W杯日本代表決定

2006/05/18 [Thu]19:13
category: スポーツ
先日サッカーW杯日本代表23選手の発表がありましたね。その様子がテレビで生中継されていたので神妙に見ていました。サッカー日本代表、W杯登録メンバー23名を発表!

印象的だったのはFWの巻選手の名前が読み上げられた場面。会見場から一斉にどよめきが上がるくらいのサプライズでした。こういう雰囲気こそ代表発表にふさわしいシーンのように思いました。巻選手は最近代表に召集され、勢いもそのままに代表を勝ち取ったのでした。W杯本戦でもこの勢いでかきまわして欲しいですね。

ところで代表選手選出後の反応ですが、前回の中村俊輔が落ちた時もこんな感じだったでしょうか。松井選手が選ばれなかったことに対する不満の声が多いみたいですね。あと鹿島の選手が贔屓されてるんじゃないかという声もあるようです。

不満の声が正しいのかジーコ監督の判断が正しいのか終わってみなければわかりませんが、ジーコジャパンが過去何十年と費やしても一回しか達成できなかったW杯アジア予選を再び勝ち抜いたのは事実。ジーコ監督が好きな選手を起用することくらい許してあげてもいいのではないでしょうか。

決まったからにはたらればも言わずに素直に応援しようではありませんか。がんばれ、ジーコジャパン!!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。