FC2ブログ

スポーツ界の相次ぐ不祥事

2018-08-31 (Fri) 15:19[ 編集 ]
今年のスポーツ界の相次ぐ不祥事にはうんざりですね。今年は各スポーツ競技組織自体やその幹部や指導者のパワハラを中心とした不祥事が数多くありました。大相撲、レスリング、日大(アメフト部、応援リーダー部)、ボクシング、体操、などなど。

これは氷山の一角にすぎず、表に出てないものはまだまだ無数にあると思います。以前に比べて世の中に訴えやすくなったことはいいことです。

どの組織にも言えることですが、不祥事が起きた時の対応の悪さ、自浄能力の無さには驚くばかりです。スポーツ庁にもっと強い権限を与えて解決できるようにするしかないのでしょうか。ただスポーツ庁や長官が強い権限を持つことで、そこが不祥事の温床になっては元も子もないので、第三者がスポーツ庁を監視・監督する仕組みも必要ですね。

日本のスポーツ界すべての膿を出し切って、2020年の東京オリンピックを迎えたいですね。

スポンサーサイト

さようなら三江線

2018-03-31 (Sat) 13:31[ 編集 ]
島根県江津市と広島県三次市を結ぶJR三江線が今夜の最終便をもって廃止されます。

三江線は全長108.1kmで、100kmを超える鉄道路線の廃止はJR西日本発足以来初めてだそうです。三江線は1930年に部分開業し、1975年に全通しました。路線は江の川に沿って作られ、平成に入っても度々自然災害により不通になっていることから、路線の敷設当時の工事はかなり難航したと想像できます。現代でも100kmを超える鉄道路線の敷設は技術・金銭的に難しいだろうに、先人の苦労には頭が下がります。

こんなに苦労して作られた三江線が廃止されるのは実に惜しいことで、一度廃止したら二度と復活させることはできません。もう少しどうにかならなかったのでしょうか。廃止が決まってから、沿線の住民の方々が多くの素晴らしいアイデアを出し特産品販売やイベントの開催で盛り上がっています。もっと早くからそのような活動ができたら、もっと早く全国で観光列車ブームが起きていれば、と悔やまれます。

今後は三江線の元路線を残し存分に観光に生かし、三江線のことを語り継いで、盛り上がり続けていってほしいと思います。

雑感

2018-01-31 (Wed) 13:10[ 編集 ]
平昌オリンピック
オリンピックと政治・国同士の問題は関係ありませんが、今回の北朝鮮の参加は政治利用と言わざるをえません。

大相撲
近年せっかく相撲人気が出て来たのに、角界の体質・相次ぐ不祥事には閉口します。国民誰もがすっきりして相撲を楽しめる日が来るのでしょうか。

仮想通貨
仮想通貨が普及すれば便利になるでしょうが、時々起こる仮想通貨の巨額流失ですっかりイメージが悪くなりました。やはり各国の政府お墨付きの高セキュリティの仮想通貨を作るしかないのでしょうか。

ミスドゴハン

2017-11-30 (Thu) 13:13[ 編集 ]
今月の半ばにミスタードーナツから軽食として食べられるメニュー「ミスドゴハン」が登場しました。

メニューはドーナツ、パイ、トーストなどがあり、甘くない食事になる味付けのものがメインです。

今までありそうでなかったドーナツを用いたサンドイッチが気になります。スープが入ったパイ、チーズたっぷりのトーストもおいしそうです。

これからピザも登場するとか。今後のミスドゴハンも楽しみです。

ミサイルから身を守る

2017-09-21 (Thu) 14:37[ 編集 ]
今年に入り、北朝鮮は頻繁にミサイルを発射しています。
そのミサイルが日本海の排他的経済水域内に落下したり、日本上空を飛び越えて北海道の西方の太平洋に落下したりし、日本と朝鮮半島、そして北朝鮮とアメリカは、予断を許さない緊迫した状況に陥っています。

ミサイルやその破片が日本に落下した場合に迎撃できるよう、日本各地にPAC3が、日本海側と太平洋側の海上に日米それぞれのイージス艦が配備されています。ただ、ミサイルが飛んでくる状況によっては100パーセント防ぎきれないのではと言われています。やはり最後は自分で自分の身を守るしかありません。

では、どうやって自分の身を守ればいいのでしょう。今年に入り、日本政府の国民保護ポータルサイトやCMで弾道ミサイル落下時の行動方法が流されるようになりました。
http://www.kokuminhogo.go.jp/
回りで「こんな方法で身を守れるわけがない」という声を耳にします。
さすがに直撃されたらどうしようもないですが、そうでなければ、これらの対策を講じるだけで多少でも被害がおさえられたり、小さくできたり、放射線を浴びた場合の後遺症を軽くできるかもしれません。

もっと真剣に考えて、自分で自分の身を守っていきましょう。